つぶやき

浄化槽のトイレにいつのまにか湧いてくるチョウバエ対策

オオチョウバエ
オオチョウバエ posted by (C)monroe

 

我が家のトイレは、浄化槽のため、 気がつくとチョウバエがいっぱい飛び回っていました。

あられもない姿のときに虫に飛び回っていられるのは不快なため、

なんとかしたいなあとあれこれ対策。

SPONSORED LINK

 

浄化槽とは

浄化槽(じょうかそう)とは、水洗式便所と連結して、屎尿(糞および尿)および、それと併せて雑排水(生活に伴い発生する汚水(生活排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備である(浄化槽法より)。

浄化槽 – Wikipedia

 

 

ちまりは島ぐらしのため浄化槽の家庭が多いです。

 

汚れた水を微生物の働きによって汚れを分解して

きれいな水に変えてから川などへ放流するための装置が

浄化槽なので、

 

微生物の働きが弱くなると、匂いが発生しやすくなり、虫も自然とよってきます。

 

チョウバエとは 我が家に出現するチョウバエは「オオチョウバエ」のようです。

たまご といっても、大きさはそんなに大きくなく、5ミリ程度。
卵は2日ほどで羽化して幼虫期間が10日くらい。

 

 

水気や汚れ、匂いなどによってくるので、成虫予防はもちろん、 卵や幼虫対策も必要なよう。

 

チョウバエの成虫を増やさないためには 匂いが発生しないように、

汚れた水を分解する微生物を増やさないよう 定期的に薬剤を投入。

 

 

こちらを2つとも、試してみました。

最低でも、夏場は週に2回程度は入れたほうが、匂いがきつくならないような気がします。

 

 

チョウバエの卵や幼虫対策

我が家のトイレで幼虫が多分いそうなところは、

タイルの床にあるここです。

 

ゴミが溜まりやすい場所に

卵を産み付けられやすいようです。

二日に1度位は、床に水をまき、ゴミを溜めないように気をつけています。

この2つの対策を日々実践していると、チョウバエ退治をそんなにしなくてもいいようになりました。

なんとか清潔感を保てているということですかね。

 

 

夏場はただでさえ、匂いがこもりやすいので、サボらないようにチョウバエ対策を実践していきます。

 

浄化槽でチョウバエにお悩みの方はぜひ、実践してみてください。

関連記事

  1. 早起きを習慣づけるために、注意すべき6つのこと 早起きを習慣づけるために、注意すべき6つのこと
  2. パートナーにめちゃくちゃ腹がたったときの次の行動とは
  3. 虫が好まない環境に今日からできる3つの工夫
  4. パソコンやスマホの画面の見過ぎで、視力低下、眼の疲れを予防する方法 パソコンやスマホの画面の見過ぎで、視力低下、眼の疲れを予防する方…
  5. 掃除嫌いの味方「クエン酸] お風呂掃除・水垢汚れをピカピカに 掃除嫌いの味方「クエン酸] お風呂掃除・水垢汚れをピカピカに
  6. 睡眠の質をあげるために今日から始める3つのコツ
  7. 充実した1日を終えるために、あなたの自由時間は何に使いますか? 充実した1日を終えるために、あなたの自由時間は何に使いますか?
  8. 使い古したストッキングでお掃除グッズ作成

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

ピックアップ記事

  1. 【眠れない】突然の腕のむくみやだるさが気になったとき 解消方法
  2. 浄化槽のトイレにいつのまにか湧いてくるチョウバエ対策
PAGE TOP