老化の原因

バストが老化する原因と対策

バストが老化する原因と対策

 

胸が上を向いて形のキレイなバストを維持することは永遠のあこがれですね。

バストの形の崩れは20代後半など、早い時期から老化が進み始める場合も多いようです。胸は柔らかいので形が崩れやすく、老化が進みやすく、垂れなどの形の崩れが始まります。

SPONSORED LINK

胸の形が変わってしまう原因とは

バストは脂肪と乳腺、そしてクーパー靭帯と呼ばれる胸を支える靭帯で構成されており、脂肪の割合が多いです。

脂肪の割合が多いので柔らかいため胸の形が変化しやすいのです。

 

10代から20代は乳腺も張っているため、胸のハリも維持されやすいのですが、30代40代と年齢を重ねるに連れて、ホルモンバランスの低下、乳腺の衰え、体内のコラーゲンの低下などの原因で、ハリが失われていき、脂肪の比率が多くなります。

 

そうすると、適切なバストのケアを怠ることで下垂しやすくなっていきます。

 

胸の形が崩れるのを防止する方法

ナイトブラのすすめ

寝ている間の姿勢によっても、バストの老化を促進します。横向き、仰向け、うつ伏せなど胸を圧迫したり、横や後ろに胸が流れることで、バストが本来あるべきイチからずれてるしまい、形が崩れます。

このため、寝るときは寝るとき専用の胸を圧迫せず横流れを防いでくれるナイトブラがおすすめです。

 

胸の形にあったブラジャーが重要

毎日つけるブラジャーですが、自分にきちんとあったものをつけることが大切です。

ブラジャーで胸を支えることで、クーパー靭帯の負担を減らし、胸の脂肪をあるべき場所へ維持します。

 

サイズの合わない、または傷んだブラジャーをつけると、クーパー靭帯に負担をかけ、傷つけてしまうことにつながりかねません。すると、血行を悪化し、肩こりなどの体調不良にもつながり、胸の下垂を促進させてしまいます。

 

ブラジャーは胸の形をくずさないようにサポートしてくれるものですので、ワイヤーが変形したり、ストラップがすぐにずれてしまうような、劣化したブラジャーは処分し、自分の胸のサイズにあったものをきちんと選んで購入することが大切です。

 

胸にもスキンケアが必要

年齢をかさねると体内のコラーゲンが低下していきますね。コラーゲンの低下は皮膚の弾力を低下させ、バストの老化を進行させます。

 

コラーゲンを積極的に補給するとともに、顔へのスキンケアと同じようにバストにもスキンケアをしてあげることで、潤いも保つことができます。

胸専用の美容液やボディクリーム、また、顔のスキンケアをしているときに顔の基礎化粧品でバストもケアしてあげたのでもよいかと思います。

 

スキンケアをしながら、マッサージを兼ねてケアをしてやると、バストの血行をよくすることで皮膚の弾力も取り戻しましょう。

普段の習慣の中で、胸のお手入れもかかさないことで、胸の垂れなどの老化を防ぎキレイな胸を維持することにつながります。

関連記事

  1. 身体のむくみの原因 つらい!身体のむくみの原因とは
  2. シャンプーで一日の疲れをほぐす方法 シャンプーで一日の疲れをほぐす方法
  3. 小顔エクササイズ 頬と顎をシャープに!小顔フェイスエクササイズ
  4. 表情筋トレーニングでほうれい線予防 表情筋トレーニングでほうれい線予防
  5. ニキビの正しいケア方法で赤ちゃん肌を目指すには ニキビの正しいケア方法で赤ちゃん肌を目指すには
  6. 大人ニキビの原因 大人ニキビの原因
  7. 今日からでもできる腸内環境を元気にする10の習慣 今日からでもできる腸内環境を元気にする10の習慣
  8. 10歳若返るスキンケア 10歳若返るスキンケア

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

ピックアップ記事

  1. 【眠れない】突然の腕のむくみやだるさが気になったとき 解消方法
  2. 浄化槽のトイレにいつのまにか湧いてくるチョウバエ対策
PAGE TOP