ダイエットについて

正しい歯磨きで歯を大切にしよう

4637e83695bde9147d923495efdcc788_s

老化予防のためには、歯の健康は実は非常に大事です。
いつまでも健康な歯でいるためには、日頃から正しい歯磨きを
しておく必要がありますね。

SPONSORED LINK

毎日の歯磨きはもちろんのこと、
歯や歯茎にとって効果的な歯磨きの方法を知っておくことで
歯周病など歯の病気を防ぎ、キレイな歯を保ちましょう。

歯磨きの時に注意すべき点とは

ha_buta11
歯磨きは特に奥歯と、歯と歯茎の境目、
歯と歯の間、この3箇所を特に注意して磨きます。

歯ブラシの動かし方

歯ブラシの毛先は歯に軽くあてます。
力を入れてゴシゴシ磨いたほうがキレイになるような気がするかもしれませんが
歯や歯茎を傷つけるだけです。
これは洗顔と同じですね。
軽くあて、小刻みに歯ブラシを動かし、目安として2本ずつ磨くような感じで
すこしずつ横にずらしていきます。

姿勢を正して歯を磨こう

寝転んで歯磨きをしたりしてないでしょうか?
歯ブラシをきちんと歯に当てるためには
背筋を伸ばし、姿勢を正して歯磨きをすることも大切です。
体が歪んだ状態のまま磨いていると磨き残しが出ていますよ。

歯磨きは食前のほうが虫歯予防の効果がある

多くの人が歯磨きは食後にすると思いますが、
実は食前のほうが虫歯を予防する効果があるのを知っていますか?

虫歯は食事などで糖質をとったときに、歯の表面にある歯垢(プラーク)に
食べたものがくっついて酸とるため、
そのプラークが最初から無ければ虫歯にはなりにくいということになります。

食前にブラッシングだけで歯垢(プラーク)落としておけば
虫歯予防の効果が大きいということですが、
めんどくさい・・・という場合はやっぱり食後にきちんと磨けば問題はないでしょう。

このように、正しい歯磨きの方法は実は結構奥深いようですね。
調べていけばまだまだ注意すべき点が出てきそうです。

歯間ブラシや電動歯ブラシなどいろいろな歯磨きグッズがあります。
大人になると歯周病などの病気の不安もいろいろ出てくるので
子供の頃から正しい歯磨きに慣れておくといいですね。

化粧ポーチに入る電動歯ブラシが女性にとても人気なようです。
電動歯ブラシは確かに便利だけど、かさばるという問題を解決してくれてます。

関連記事

  1. 足痩せソックスは本当に足が痩せるのか 足痩せソックスは本当に足が痩せるのか
  2. 運動の前に効果的な意外な飲み物 運動の前に効果的な意外な飲み物
  3. 基礎代謝をあげる方法 基礎代謝をあげる方法
  4. カロリーを下げるコツ ごはんのカロリーを下げるコツ
  5. 身体のむくみの原因 つらい!身体のむくみの原因とは
  6. なぜ運動がダイエットに効果的?
  7. 体内の毒を出して痩せる体質に変える「毒出しダイエット」って? 体内の毒を出して痩せる体質に変える「毒出しダイエット」って?
  8. 椎茸 動脈硬化予防 椎茸の栄養が動脈硬化を防ぐ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PR

ピックアップ記事

  1. 【眠れない】突然の腕のむくみやだるさが気になったとき 解消方法
  2. 浄化槽のトイレにいつのまにか湧いてくるチョウバエ対策
PAGE TOP